CONSENT furniture BLOGOriginal & Bespoke furniture / CONSENT furniture Nagoya

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
tamo11.jpg


随分前に仕入れたとっておきタモ材を使ってテーブルを作った。

ここ最近あまり使わなくなっていた材だが、
先日納品したテーブルをタモ材で制作したところ
こんなに綺麗な材だっけ?と、
新しい物を発見した様な感覚だった。


そしてまたお客さんにおすすめしている訳です。
そしてまた今回もタモで制作。

最近アッシュ系の木が使いたいばかり。




tamo33.jpg tamo22.jpg

以前作ったのは変形テーブルで三角形。
これは仙台まで納品。







スポンサーサイト
新築現場での打合せとグッドデザインの受賞式で東京へ。
何かと車で行くことの多い東京だが、最近は電車が好きなので新幹線で。
出発が早い時間なので到着も当然早い。


現場での待ち合わせまでちょっと時間があり、しかも朝の渋谷での時間のつぶし方が分からず...
代々木でデザイン事務所をやっている友人に助けて~の電話。
代々木駅から5分位の雰囲気の良い古いビル。
事務所まで押しかけてお茶をいただき、近況報告。
ランチまで付き合ってもらい、のんびりさせてもらった~ありがとう。



そしていざ建築現場の新代田駅まで。
現場でお施主さん、石田設計室の石田さん、わたなべアトリエの渡辺さんと合流。

daita1.jpg


daita4.jpg


写真のヘルメットの方々は皆女性です。おっさんがいません。
壁もまだない建築現場の3階で。


制作する家具の位置を確認しながら、図面からではわかりにくいスケール感を確かめながら。
現状を計測して家具設計の参考にする。
もう一回実測が必要だな。

daita3.jpg





そしてそして、一通り打合せも終了し代々木上原のおいしいおいしいイタリアン
Casa Vecchiaさんへ移動。

vecchia.jpg



お施主さんのご友人も合流し、ディナーです。

このCasa Vecchiaさん、料理はもちろんお酒も、雰囲気も接客も、
オーナーシェフの見崎さんご夫妻の人柄も最高に気持ちが良いお店です。
是非足を運んで頂きたいレストランです。


食べるのに夢中なのは毎度の事なので料理の写真がありません。
さらに今回はまた別に夢中になる物まで出てきてしまった。


最近気になっているライカ。
カメラは好きだが然程詳しいわけではない。
けどあの写真には憧れる。

ご友人のお一人、KNKさんがそのライカのレンズを
わざわざ何種類も持ってきて下さったのです。


というわけで悪い癖の会話そっちのけで撮影タイムに突入。


leica.jpg
↑この写真だけライカ
試し撮りした写真を送って下さりました。ありがとうございます。


初心者の感想なので正しいかどうかも分からないが、
光の写り方やボケ方、当然だが操作も含めて時間の流れが違う。
写真を撮るときの気持ちがまるで違う。
これはすごくいい。
今の僕に必要だ。
よし買おう!



といって、ポチッと買えないライカ。
けど最初に手に入れたいレンズに目星がついてしまった。

Summilux 35mm f1.4

ずばりこれ。
いつか手に入れてやる。

話を聞けば聞くほど奥が深い。
勉強して!とレンズの本まで頂いてしまいました。

打合せや現場で東京へ行って、皆さんに本当によくして頂いてます。
本当にありがとうございます。

ブログをもっと更新してといわれてしまった。
気を付けます。


初めて気付いた事はコースのパスタをお替わりしていい物とは思っていなかった。
していいんだ、アンコールパスタ。

そんな腹一杯、胸一杯の楽しい夜でした。



gd.jpg

忘れちゃいけないけど、こちらも行って参りました。

式後の懇親会で審査員の方とお話しする事ができ、
商品についての今後の課題など貴重なお話を頂きました。
第一線で活躍されている審査員の方にちょっとしたお褒めの言葉も頂き、大満足。

次に繋げるよう努力します。






spindlechair.jpg

最初にこのイスを作ったのは、かれこれ6年程前の事。
今は無きマルチプルチョイスという本山にあったギャラリーでの展示会に
出品するために制作したイス。
ミカンに爪楊枝を刺しながら作り方を考えたのを覚えている。

右側が6年前に制作した物。
左側が今回新しく制作した物。
同じチェリー材。

チェリーは一気に赤く色付き、時間をかけて黒く変化していく。
イスのように座ったり触ったりする物は、磨きを掛けたように光沢が増していく。

この変化がチェリーの魅力。


mikan.jpg
6年前のミカン


hako.jpg

329 Photo Studio の岡村さんから注文をいただいた、写真を納めるための桐箱。

1つの箱に15枚の美しい写真。


zamen.jpg


数脚作る場合は効率と精度を考え機械作業で切削するが、
今回は1脚だけ制作するのですべて手鉋で削り込む。

ものさしを当てる訳ではなく、すべて手の感覚で削り左右対称になる。




SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。