CONSENT furniture BLOGOriginal & Bespoke furniture / CONSENT furniture Nagoya


いつかは赤レンガの工場を建てたい。


本当は琵琶湖までツーリングに行く予定だったのだが、
天気予報は雨60%、出かけるときパラパラしていたので中止。

行き場をなくしたので、鬱憤を晴らすべく夢の赤レンガまで走る。


名古屋にもあります、赤レンガ。
知っている所でうち工房の近くに5カ所。

akarenganagoya3.jpg

赤レンガには歴史が刻まれている。


akarenganagoya4.jpg   akarenganagoya2.jpg

一つ一つ積んで行ったら出来るだろうか。


同じくモヤモヤしていた琵琶湖に一緒に行くはずだった近所の友人は、
ケンタッキーの開店を待って朝からヤケ食いしていたらしい。

結局その日は太陽ものぞき、雨など降らなかったのだが。

ゴールデンウィークに入る頃、
バイクの調子をみる為に海まで軽くドライブ。


これがあると心騒ぐ。

sinmaiko.jpg    R0011460.jpg

真下から見ると、けっこう怖い。
フォンフォンと3枚の羽が不気味な音をたててる。

折れて真下に3枚順番に飛んできた時の事を想像したんだった。
ズドン、ズドン、ズドンッ。
家具を作るため、最初に行う木取りという作業。

おおまかに言えば、材料を家具のどの部分に使うかを振り分ける。
僕の場合、この作業で家具の仕上がりの95%は決めてしまう。

作るものが大きくなればその分緊張も大きくなるわけです。


そんな木取りも小さい家具だと随分と気も楽で、
ポンポン作業が進むし、いい意味で無責任な事もしてしまう。

DSC_0002.jpg    DSC_00111.jpg
この手の木取りは最高。楽しい。



DSC_0010.jpg




どうやって木取りがしてあるかで制作者の好みや性格や意図などがわかっちゃうので、
家具を選ぶときにはそんな事も想像してみてください。
おもしろいです。

SKIN:Babyish-